古城の思い出 | シャンブル・ミルフィーユ Chambre Mille Feuilles

2021/08/15 12:07

先日入荷した、カードボックス『QUELS SONT CES CHÂTEAUX? 』には

ロワールの古城が、繊細なタッチで描かれていて、
写真で見る古城とはまた一味違う魅力のカードセットになっています。

先日ご購入いただいたお客様からも、古城を旅した時の写真はあっても
こういうデッサン風なものは珍しいですね、というお声をいただきました。

かくいう私、実はまだロワールの古城を旅したことがないのですが、
古城と言えば、忘れられない思い出があります。

かつて、ブルゴーニュを旅した時に泊ったのが
こちらのお城・・・  Château de vaulx シャトー・ド・ボー

ここは、リヨンにほど近い、シャロール牛でも有名なシャロールの小さな村
サン・ジュリアン・ド・シヴリー。

このお城の歴史は14世紀にさかのぼるとか。
古城となった今、この城を買い取ったオーナーによってシャンブルドット(民宿)として運営されています。
当時、まだ改装工事の途中だったのですが、十分お城の魅力を楽しめました。




可愛い羊さんや、看板犬のゴールデンレトリーバー・ゼルダくん♡


小高い丘の上に立っているので、ここからの朝もやの景色は最高でした♡

オーナーのヴァンサン。彼と友人や親せきとの共同経営とのことで、ほぼ自分たちでの改修工事です。
私もまだ若いなあ~( ;∀;)

 このお城での旅の思い出、”行き当たりばったりフランスの旅”は
以前綴っていたブログにしたためています。こちら➡ 
かなり長いブログですので、よろしかったらお暇なときにご一読ください♪   
  
ちなみに、このChateau de vaulx シャトー・ド・ボーも、すっかり改修工事も終わって、
素敵なシャンブルドットとして生まれ変わっているようですね。
こちら➡ Château de Vaulx


古城をめぐるのも素敵ですが、ただ見るだけじゃなくて、実際そのお城に泊まるって、なかなか思い出深いですね!!
かのお姫様もこの部屋で眠りについたのね~~~と思うだけで、素敵な夢が見れそうです♪
ホテルに泊まるだけの旅ではなく、たまにはこういうシャンブルドットでの宿泊も取り入れてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、今はまだそれもなかなか厳しい状況ですので、
まずは古城のカードボックスでお楽しみください(^^)/