やっぱりフランスが好き | シャンブル・ミルフィーユ Chambre Mille Feuilles

2020/07/11 01:26

忘れていたフランスへの思い。

それを思い起こしてくれたのは、あの日はじめて泊ったシャンブル・ドットでした。

それはいわゆる民宿。


ツタの絡まる石造りのかわいいおうち。

迎えてくれたのは、一人のマダム。

彼女はすでに夫を亡くした、アーティスト。




思い入れのある食器がかわいく、飾られたカップボード。
マダム手作りのコンフィチュール(ジャム)で
あたたかい朝食を。
彼女は私達と一緒にテーブルに着き、
亡くなった夫のこと、家族のこと、この街のこと・・・
初めて会ったにもかかわらず、色々と語ってくれました。
とは言っても、夫の通訳付きですが(^^;)
彼女を始め、ここから私はフランスの優しい人々に出会います。


高い空、どこまでも広がる大地、澄んだ空気・・・・
あの日初めて訪れたパリで感じた
フランスへのダメージは、一気に覆されました。
これこそが、フランスだったのだと。
そう、パリなんてフランスのほんの一部。
あとは、大自然に囲まれた農業大国。
本当は、こんな素朴な田舎のフランスが好き・・・♥
それに気づいたとき、逆にパリはパリであって
それはそれで魅力のある街なのだと気づくのでした。

ここから、私のChambre Mille Feuillesがはじまります。