はじめてのパリ | シャンブル・ミルフィーユ Chambre Mille Feuilles

2020/07/01 01:31

今日はパリ雑貨をアップしたので、

パリのことを思いながら・・・・・

はじめてパリを訪れたときの写真を引っ張り出してみたら、
意外にも少ない(>_<)
確か10日ほど滞在したはずなのに
たいした数なくて。

しかも当時はスマホどころか、デジカメさえなかったから
とりあえず撮っておこうなんてことが出来なかったんですよね。
だから、やたら風景を撮ることもしなかったのかな?
手元にあるのは、私が全部真ん中で写ってる(>_<)
もっと風景撮っておいてほしかった(;_;)

ただ、使い捨てカメラはよく使っていたから、もしかしてそれで撮ったのかな?
PCに取込んだけどなんかピンぼけしているから、だったらいっそそれなりに加工しちゃえばいいや、
って、あえてセピアな感じに。


一番最初に訪れたのは、やっぱりシャンゼリゼ通りの凱旋門。

しかし、この通りを歩いていて気づいたのは
パリをハイヒールで歩くものではないと(>_<)
続く石畳に、私の足は悲鳴をあげ、のちにパリで靴を買ったのでした (^^;)

エッフェル塔にも上ったのに、
こんな遠くに見えるエッフェル塔の写真しかない?
そんなはず無いんだけどなあ~(-_-)


本日アップのこちらのトレー

        
1893年8月13日、エッフェル塔がよく見える:Parc du Champ-de-Mars(シャンドマルス公園)での
Les prevoyante de l'avenir(未来の予見)のお祭りのポスターをモチーフにしています。

パリの未来を信じて盛大にお祝いしたのかな。
現在のパリは、あの頃の活気もなくなってちょっと淋しいけれど、
きっとまた、華やぐパリが戻ってくることを信じて・・・・。